ページ内を移動するリンクです

ここから本文です

設立趣旨

趣旨

少子高齢化が急速に進行し、様々な生活習慣病に代表される慢性疾患が増加する現代において、従来は一つの医療機関で完結していた医療に、効率化と、地域における施設間連携による機能分担が求められるようになりました。さらに国民の健康をトータルにサポートするために保健・医療・福祉の一貫したサービスが求められています。そのような地域連携、保健医療福祉の連携に情報通信技術が大きな役割を果たすことが期待されています。

これまでにも全国でこの分野において様々な取り組みが報告されています。しかし成功事例は数少なく、事業運営の継続やサービスレベルの維持に苦労する例が多いのが現状です。この現状の解決には、産官学医はじめ、一般住民を含む多くの関係者の緊密な連携による建設的な活動が必要とされます。

NPO法人和歌山地域医療情報ネットワーク協議会(略称wamina)は、これまでの任意団体としてのwaminaの活動をベースに、保健医療福祉関係者ならびに患者さんや一般市民の方々に対して、情報通信技術の活用などによって地域の保健・医療・福祉の連携を推進することで、安全かつ有効で持続的な保健医療福祉サービスの実用化及びその質の向上と公益の増進に寄与することを目的として設立されました。